2005年09月08日

やっぱり自分を肯定しちゃう

どうでもイイ人には、助言なんかしない。俺の言葉が役に立ったかなんてどうでもイイ。
もっと大事な人がいるから、その人に気持ちを使いたい。
可愛く思った人に対して掛ける言葉は、それが相手の中でどう変化したのか、それによって相手がどう行動したのか、とても気になる。ただのキッカケでしかないんだけれど参考にしてくれたんだろうから。
だから、成功しました、巧くいってますって報告が入ると相手を祝福すると同時に、俺へ開放感が訪れる。
自分が成功した時には、支えてくれた人たちのお陰、失敗したら自分のせいってそんな風に考えようって自分の為に言っているけどそれは、そう言う題目を唱えないと逆の事をしちゃう事が多いから。多すぎるから。そればっかりだから。
俺が放った一言に準じた行動で巧く行ってなさそうな時・愛する人々に言われた事を参考にしたのに彼らの思いに自分が届いていない時、やっぱりもがく。放置できない。

こういうことを書いて公開しているけれども、俺の知らない、俺が好きでもない誰かに言ってる訳じゃない。

やっぱりわからない。
>でも寂しい気がする。
俺の考えのどこが寂しいんだろう。
>責任を感じるかは自分次第なのに、最初から逃げてる。
俺の、どこが「逃げ」なんだろう。
posted by takesi at 08:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 大切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋になって…なったんだろ?

さて、全国的に、少なくとも神奈川県は9月に入った模様です。

最近の通勤音楽も変わりました。
サンディーのハワイアンから、大瀧詠一、ブラジルの色々。
ここんところのお気に入りは久しぶりに、東京スカパラダイスオーケストラのアルバム
HIGHNUMBERSを聞いています。
中でもお気に入りは、「Lovers' Walk」
深夜、1人で、月明かりに照らされて憧れのあの娘と腕を組み歩く
そんな感じでさ。

どうだ、くさいだろ。俺はいつもそんな事を考えて1人で歩いているんだ。

この美しい月に照らされているのは、きっとあの娘の白い頬

あの星を眺めて、美しいって、きっとあの娘も思ってる

月に照らされた輝く雲ってどうやったら実物以上に感動的に描けるんだろう

そんな事を考えて1人で歩いているんだ。俺に気付いても話し掛けないでね。
・・・やっぱり気付いたら声を掛けてね。
posted by takesi at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 好物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。