2006年06月13日

顛末

どうして俺の言ってる事がわからないかわかった気がしました。

見ている世界が違う。

リアリティを望んでいるけれど、彼らの頭の中で出来上がった虚像を真実と盲信する自信家。
だってさ「ハーフミラーに映った手前の物体が2重に映るのは何かの間違い」
いや、だって事実、2重に映ってるし。
で、説明「透明の板の向うにハーフミラーのための金属が蒸着されているんでしょ?もちろんそれに反射します。」
「と同時に手前の平滑な透明板にも映ってるんですよ。」
「少なくともそれで、都合2重です」

「いや、そんなはずはない。鏡は2重に映らない」と?  はぁ? なんですと?

気を落ち着かせ諭す「板に厚みがあって向うに金属膜があるのなら手前のガラス面にも映っています」
「正面から見ても気付かないかもしれないので斜めから覗き込んでください」


おまえら、リアルリアルって口の端から泡を飛ばして叫んでるけど、こんな初歩的な観察が出来ていないのにどうしてハーフミラーのリアリティーが、お前たちの指示によって表現できるというの?気が楽になった続きを読む?
posted by takesi at 02:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。