2006年06月02日

何気ないものもの

幸せな気分にさせてくれるクローバーの四つ葉ばかりに目が行ってるけれど、
実は、花もとっても可愛いんだよね。

シロツメクサ
シロツメクサ
貿易搬送時、木箱の中に入れる商品のクッション材として使用した
「白い花」の「つめもの」。だからの名前だと兄から聞いたけど、
本当かしら。ほぼ信じてるので検証しないよ。

しばらく前に実際に使用されているのを見たような幻だったような。

生きてる時にはこんなに可憐で、刈り取られて「大切なモノを保護する役」に。

こんなミドリさんの足元に隠れているのは、真っ赤に熟したヘビイチゴ。
美味しそうだけれど、子供の頃、毒があるって誰かに教えられた。
ヘビイチゴ
やっぱり美味しそうにまあるく赤い。
このプチプチがまた、味が濃そうじゃない?
食べても平気かチャレンジするほどの勇気も、甘いものへの餓えも、両方不足。
ああでも、いつものお昼にこれがデザートならちょっと嬉しい。
posted by takesi at 02:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 大切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シロツメクサをググってみました。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/leguminosae/sirotsumekusa/sirotsumekusa.htm

ほー、やっぱりウソ言ってなかったみたいでヨカッタヨカッタ。
先日、ウチの近所に野いちごがなっていたので、採って食べましたよ。コゾウにも食べさせましたが、反応は思ったほどでもなく。
Posted by nomad at 2006年06月05日 00:07
このばあいの「ツメ」は「詰め」だよね?
葉っぱに白い「蟹爪」状の模様があるのは惑わされる偶然だよね?

「蟹爪」っちうか「V」の字模様なだけだけど。
Posted by takesi at 2006年06月06日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。