2006年06月10日

意識の低さに目が眩む:2

見ていると思っているモノは画像処理済
どうしてこれがわからないのか。
存在そのものを切り取って見せる場合と存在のあり方を含めた空間とでは表現の仕方が違う
どうしてこれがわからないのか。

相手は、デザインセンスは全く素人なクライアントとグラフィック表現を生業にしているデザイナー
ブツは○○。目に見えるように写真にして欲しい。家電のデザイナーに高く評価されたい。

頭の中に浮かんでいる「実在するブツ」を曖昧な言語で言葉少なに口にするクライアント
読み取り聞き取ったコトを時間制限精一杯でモニターで見せるグラフィックデザイナー

プロへの期待と届かないコトバ。
一言一言は明解だったんです。でも、出てきた画像への反応として語りだした内容から反芻すると、伝える為の言葉を選んで言っていたわけじゃなかった事がわかりました。

俺も「ナニが言いたくて」「それが伝わっているのか」充分に確認しませんでした。

こちらの言い分とそちらの言い分。両方間違っているわけじゃあない。
ただ、正しくないですよね。どうなる事を期待しているのか期待されているのかを互いに伝えられなかったんだもの。

結局、商品の特長と表現したい事項をまとめてグラフィックデザイナーに渡していたクライアントが優位に立ったんだけれども、撮影時のスタジオでは、(今考えると)それら要求事項とは異なる内容で撮影を指示していました。

確かに私たちはクライアント側です。
ですが、表現物については、クライアントが想定するユーザーの立場に立って話そうとしないといけないんじゃないでしょうか?

全然違う、門外漢の立場で、「ダサダサなイメージでもリアリティーが出ればいい」みたいな発言は、表現物作成の目的から既に外れているのに気づきませんか?

旧デザイナーとしてクライアント側にいる私が話す言葉が、グラフィックデザイナー達には伝わっても自分達にはわからなかった事を、「わけわからない」「できないって言うのは否定的」って、それでダサダサな表現を強要しても、否定以上に非建設的だと、無理して作ってもらったダサダサイメージ画像を見てもまだわからないのはどういうわけなのでしょうか。

それがわからないのは俺の不徳の致すところです。

  一方、グラフィック表現者に対しての願いはシンプルです。

上述、特長と表現したい事項のA4資料2枚を渡し、実際の商品のカットサンプルも渡しているんです。
それがどうして素人に「ラフスケッチよりもリアリティーが出たとは感じられない」と言われるような写真合成CG加工画像を提出できるのですか?

「本物よりも本物らしく」「本物を見てガッカリしない程度に、より素晴らしく」って私は冗談で言ったのではないですよ。
高校生のイラストレベルに時間や費用が支払われる、私たちが納得或いは諦めるとどうして思い至ったのでしょう?

それがわからないのは俺の不徳の致すところです。

でも、結局、身内が敵になるんです。
「takesiの言っている事はおかしい」「ワケガワカラナイ」わけですから。俺の言っている事が彼女らには伝わらないんですから認識しようともしないんですから。

実物サンプルを目の前にしてるのにこれ以上、
どう言ったらハーフミラーの向こうが明るい時にはこちらの像が鏡面に映らない・鏡面にならないってわかってもらえるんだろう。どう言ったら何も映っていない鏡を鏡とわからせるのは困難だってわかってもらえるんだろう。

立体を平面にレイアウトする作業には、目を開けたまま瞼のうらにブツを想像し立ち上がらせ回転させる能力なんて社内的には邪魔なのかな。

俺に「デザイナーとしての意見を聞かせて欲しい」なんて言わないで欲しいと思いました。聞く気がないんじゃ俺はどうしたらいいかわからないもの。
posted by takesi at 02:10| Comment(2) | TrackBack(0) | LifeStyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ドカーンといってパキッとした感じでよろしく」
「アレをソレしたらこうなりましたよ!」
「おお!わかってんねー。俺が思ってたのと全然違うけどスゲくイイ!コレ採用!」

というような現象でアレ。
Posted by nomad at 2006年06月11日 12:47
で、再度デザイナー・映像編集の専門業者達と総出で写真を撮り直しながらアイディアを出して検証して…。
最初にデザイナーから出された画像に落ち着いたんだよ?
依頼者にも表現者にも「あんたの考えるリアリティーって何?」って叫びたくなりました。
デザイナーはもっと強い意志で自分の考えている「素晴らしいもの」を表現して欲しいな。
やっぱりイラストに毛が生えた程度の画像なんだもん。
 あ、鏡に毛が生えてちゃダメだよ。
Posted by takesi at 2006年06月16日 08:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19065977

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。