2006年10月25日

やりすぎ  よう

数ヶ月前に、消しゴムで判子を作るのにはまって。
10個くらい作ってみた。

だいたい、一回に一個か二個。

リクエスト貰って作ったり、勝手に作って押し付けたりして。
(顔に押し付けたりはしない)

ナンシー関を思い出されたりもしたけれど、似顔絵は彫ってないです。
小動物を彫ったり、スプリングカメラを彫ったり。

日曜日、精神を集中させようなんて思ったりして彫ってみた。
深呼吸を2、3回。両方で二時間弱。

Stamp.JPG
ライオンはともかく、虎は細かすぎるんじゃない?
tiger01.JPG

なんて思いながら、カッターナイフが消しゴムを切らずに崩さないか
注意して彫っていったんです。

虎の鼻先から肩まで(つまり判子の最大幅)は24mmです。

lion.JPGtiger02.JPG
正直、所々描線を切断しちゃいました。
捺してみたら綺麗にできた。案外あっさり。
修正作業は5分ほど。

値段をつけてみる。
…時給で換算してみる。
…特殊技能か測ってみる。

…いかん、オリジナリティーに乏しいや。
手慰みの域を出ませんね。
このままじゃ商売にはなりそうもないや。
俺が本当に欲しいのは、唯一無二。孤高。

いかにして昇華させようか。

つまりココから俺の努力は始まります。

posted by takesi at 21:52| Comment(3) | TrackBack(0) | LifeStyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おもしろいですね。
わしもやってみようかなー。
Posted by jinnki at 2006年10月26日 14:15
楽しいですよ〜。
ぐぐれば作り方もわかります。

人それぞれだけど。
Posted by takesi at 2006年10月27日 12:08
型とって量産できるな。

シリコンスタンプ。

・・・商売にならない。
Posted by takesi at 2006年10月31日 12:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。