2006年11月22日

考えることをやめること

「こうやってみたけど変だと思います。」
そんな切り出しだった。

「何の事だかわかりません。伝わりづらいです。」
仰るとおり。

「どうしたらいいでしょうか」
おいおい。きさまは何年この仕事に携わっているんだ?

それでよく「クリエータ系のこの仕事が面白い」って言うな。

モノづくりってそんなもんじゃないんじゃない?
はっきりしろよ。諦めるか、しがみつくか。 
諦め回答例
このように大きく分けて3パターン考えたんですが
うまいことまとまらないので次善の策としてこうしようと思います。
現時点での問題点はこれですがこのように回避します。

しがみつき回答例
現時点での問題点はこれですのでこれらのパターンで
再度検討します。
見落としをなくすべく考え方について意見を聞かせてください。

仕事中、俺はきさまの友達ではない。

あんまり言うと「出来ない」ってキレるんだろうな。
そんな臭いを漂わせるきさまが大嫌い。


「ここに文をつけて一体化すればいいと思います」
(それは、小さく表示したとき判読できなくなるから
盛り込まないって、これを進めた方向と逆行するだろ?)

「一回決め込んで表示すれば今後が楽になります」
(ほかで別の表現が既にされているのにどう整合性を取るんだ?)

「わかりました。毎回検討すればいいんですね」
「では言われた案で作るように指示します」
「私が言った案では差がないように思えてきました」
キレてやんの。
なんだよ、俺の案しか作らないつもりかよ。
(うまくいかなかったら一からやり直し?
全部一度にやってみればいいじゃん。どれか方向性が見えるだろ。)


「ここの表示はどうしましょう?」
いちいち聞くのか?
(何のことだか不明確なので表示しない)

創る事って「カンガエルコト」。放棄するなら創作に責任を持つな。
外面を繕うな。出来ないなら外注しろ。
自分の仕事がなくなるのを恐れるってんならまず
自分の仕事が何か理解しろよ。

俺たちはデザイナーじゃない。
posted by takesi at 02:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 大切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

島根県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 島根県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-05-08 12:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。