2005年09月03日

去年の災難その二

2004年6月3日夜10時頃、2人の刑事が我が家に来た。

聞けば周辺で網戸を切って開錠し侵入する犯罪が多発し、プロジェクトで捜査中との事。同一犯の可能性が無いかの向こうの勝手な情報収集のために来たらしい。
まぁ、コノ捜査の中で逮捕されてくれれば当方はめっけ物なのだが、中年の刑事が、いちいち高圧的で、可能性を聞いてるのかと思って答えていたら全て断定口調で回答され、図らずも激昂。
気を落ち着けるのに瞑想5分が必要になりました事よ。
国家運営であること以外で「ヤ」の人との違い、が良く判りませんでした。

被害にあったワシらがイケナイ、迷惑だみたいな口ぶりなんだもの。敷地外から見えるように「無防備です」って看板立ててたわけぢゃないよ。プンスカ

つまり、犯罪に巻き込まれると2回被害に遭うのです。
皆様、ホントにご用心くださいな。

防犯の基本方針は「専守防衛」「時間稼ぎ」ですって。

玄関鍵交換。複製のしにくいディンプル錠に変更。しかしながら掃出し含め窓はアルミサッシのクレセント錠で防犯効果低し。とりあえず複層断熱窓ガラスではありますが。

割れ鍋にとじ蓋作戦。
posted by takesi at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | DarkSide | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6519020

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。