2005年11月23日

嫌われたって構わない

画面右の「■プロフィール」にも書いていますが、ね?
正直、構わないわけですよ。

ええ、愛しているので、私の、その人への想いによって
たとえその人が私の事を嫌ってしまったとしても。

「私を愛して」

ではないんです。
「あなたの事を愛しています。せっかくなので愛してくれたら嬉しいです。」
「ありがとう。愛されてるって感じています。」


それ以外に方法がない。
私の命を差し出すことであなたが助かって幸せになるんだったら
つかってください。

お願いします。痛くないように一思いに、ね?
そんなことされても嬉しくない?
いえ、つかってください。
つかってくれない?
いえ、つかって欲しいんです。
だめ?
分かりました。

誰か?この人に知られないように私の命をこの人につかってください。

お願いします。痛くないように一思いに、ね?
え?私がしたか伝わらない?
ははは。
必要ないですから。私がわかっていればいいんですから。
私の命でこの人が助かるんならそれが私の望みです。


うん、きっとその時ジタバタする。

でもね、俺にとってはそれが俺の大切な人。
本当に、こんな風に思ってる。本当にそうするだろうと、俺を信じてる。

俺の大事な人たちが一度にそんな目にあってもらっては困ります。
俺の命は一個しかないから。
posted by takesi at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 大切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 私の命を差し出すことであなたが助かって幸せになるんだったら
> つかってください。

「いっしょにいって」
っていうのはダメなんですかね。(笑)← いちおう笑っておく
Posted by やまねこ at 2005年11月25日 16:15
うん。ダメです(笑)←俺も一応笑っておくよ〜。
Posted by takesi at 2005年11月25日 18:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9724732

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。